« 毎月5日発送分の年間予約・定期購入のお客様へ | トップページ | 樺沢城跡(南魚沼市)天地人観光 »

2009年5月 7日 (木)

おいしいお米と水の関係

「おいしいごはん(白米)」の条件として、「お米の品質」と同様に
お米を炊く「」の占める割合も非常に大きいです。

お米を炊く時、さらには洗米時にも約10%の水分がお米に吸収
されています。

「おいしいお米なはずなのに、イマイチおいしくない」

その原因が「お水」にある場合もあるので、参考にしてみてくださ
い。

どうも「カルキ臭い」というときには、思い切ってミネラルウォーター
にしてみるのも一つの手です。

<うまい水の条件>

【水の温度】
適温は10~15℃くらいです。寒いからといってお湯でお米を研いで
しまっては折角のおいしいお米も味が落ちてしまいます。

【お水の種類】
何も溶けこんでいない純粋な水はおいしくありません。
うまい水は、味をよくする成分を含んでいて、味を悪くする成分を
含まない水です。
味を良くする成分とは一般的に以下の3要素からなっています。

<ミネラル>
ミネラルとは、炭水化物・タンパク質・脂肪・ビタミンと並ぶ五大栄
養素の一つです。
ミネラルの種類にはカルシウム、ナトリウム、カルシウムなどがあ
ります。
1リットルに対して30mg~200mgのミネラルが含まれている水がお
いしい水と言われていますが、中でも100mg程度含まれている水
が最も理想的だと言われています。

<硬度>
水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を硬度といいます。
1リットルに対して10~100mgが適量といわれますが、50mg程度が
一般的に好まれています。

<二酸化炭素>
二酸化炭素が水に溶け込んでいると、その一部が弱い炭酸となり
新鮮で爽やかな味になります。

ミネラルウォーターを使って炊いている方も多くおられると思います
が、お米に適した水(ミネラルウォーター)は軟水です。

ミネラルウォーターには「硬度」が表示されています。
硬度とは、カルシウムマグネシウムの合計量です。

軟水      硬度  0~ 60mg/L未満
中程度の軟水      硬度 60~120mg/L未満
硬水      硬度120~180mg/L未満
非常な硬水      硬度180mg/L以上

適量は1リットル中10~100mgぐらいで、なかでも50mg前後が多くの
人に好まれます。

具体的な商品としては以下のようになっています。

ー軟水ー
神戸居留地 : 秩父山系 うららか天然水
コカコーラ : アクアセラピー ミナクア ナチュラルミネラルウォーター
コカコーラ : 日本アルプス 森の水だより
サントリー : 南アルプス 天然水
日本ミネラルウォーター : 雪アルプス天然水
アサヒ : 富士山のバナジウム天然水
サッポロ飲料 : バナジウムウォーター
ハウス食品 : 六甲のおいしい水
キリンビバレッジ : アルカリイオンの水
キリンビバレッジ : ボルヴィック
大塚ベバレジ : クリスタルガイザー

ー硬水ー
カルピス : エビアン
サッポロ飲料 : ヴァットヴィレール
サントリー : コントレックス
サントリー : ヴィッテル
大塚ベバレッジ : クールマイヨール

お米や炊飯器を買い換える前に一度試してみるといいかも。

|

« 毎月5日発送分の年間予約・定期購入のお客様へ | トップページ | 樺沢城跡(南魚沼市)天地人観光 »

お米事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毎月5日発送分の年間予約・定期購入のお客様へ | トップページ | 樺沢城跡(南魚沼市)天地人観光 »